アメリカ 中米・南米

【ノルウェージャンスター号】 船内の楽しみ方・情報

投稿日:2018年3月23日 更新日:

世界を旅するビューティーブロガー

『みきてぃ』です。

10人の旅仲間とメキシコの4都市を巡ってきました!

クルーズ船は、ノルウェージャンスター号です。

旅マスターを育てる「旅クラブ」作りました!

ご興味ある方はこちらのページ

実はクルーズ旅行は2度目の体験!

初めてのクルーズ旅行は日本の飛鳥で
横浜からサイパン・グアムへ年末年始に旅しました。

外国船は初めてで憧れていたので、本当に楽しみだったんですよね。

それに初めてのメキシコ!ということで、ノルウェージャンクルーズの旅へようこそ!

私が体験した10日間をたっぷりご紹介しますね。

ノルウェージャンスターに乗り込むまでの道のり・メキシコ4年の情報はこちら!
>>LA港からNorwegian号へ乗り込むまで

>>ノルウェージャンスター号でメキシコ4都市を巡る旅

ノルウェージャンスターの船内

ノルウェージャンスターの船内をご紹介しますね。

まずは設備はこちら↓

  • レストラン 15つ
  • バー・ラウンジ 11つ
  • スパ・ヘアーサロン
  • フィットネスセンター
  • スポーツコート
  • プール 3つ
  • ジャクジー 6つ
  • インターネットカフェ
  • ティーンクラブ

フロントデスク

税関を通った後、ノルウェージャンクルーズに乗り込むとすぐに7Fのフロントとラウンジが見えてきます。

入ってすぐ左側にフロント↓

右側にラウンジ↓

夜になるとバンドが入ってゴージャスに!

アメリカ人のカップルが踊ってました^^

ノルウェージャンスターは、ロス発ということもあってアメリカ人のお客様が圧倒的に多いです。(多分9割くらい)

アジア人やヨーロッパ人もいますが、アメリカ在住の方ばかりです。

ここでは日本人はもちろん、アジア人にも滅多に会いません。

たまには日本人のいない所に旅行したい方は絶対に外国船がおすすめですよ!

レストラン

15あるレストランのうち、無料で行けるのは9つです(子供専用のレストランもあります)

ここでは私たちが行った無料のレストランを全てご紹介します。

Versailles Main Dining Room

Deck 6にある朝・昼・晩オープンのレストランです。

それぞれのレストランに「ドレスコード」があります。

ドアの前に記載されているので、確認しましょうね。

ここは無料レストランの中で一番ゴージャスだったのでいつも混んでました。

だいたい予約してから15分くらいは待つ感じです。

内装も素敵!

朝食

夕食

Aqua Main Dining Room

Deck 6のレストランです。

夕食に1回だけ行きました。

 

デザートはみんなでシェア!

Ginza Asian Restaurant

Deck 7のレストランです。

GINZAという名前なので日本食を期待しましたが、中国料理でした。

同フロアに鉄板焼きと寿司バーもありましたが有料でした。

O’sheehan’s Neighborhood Bar & Grill

Deck 8にある24時間オープンのレストランです。

朝食は

昼食はメキシカンとアメリカンのミックス!

毎食デザートも欠かさずなので、クルーズは太りますね・・

ここで勉強会やミーティングもしました。

Topsiders Grill

プールデッキと同じフロアのレストランです。

一番カジュアルなレストランですが、室内なので水着はNGです。

ここはビュッフェスタイルで、フードコートのような感じ。笑

朝食

ヨーグルトがNon-Fatしかなくて残念!

昼食

ここでのお気に入りはオーダーパスタ!

ソースやパスタの種類を自分で好きに選べます。

ジェノベーゼとペンネ

トマトとスパゲティ

10日もいるとさすがに飽きてきます。

そうそう!ここでランチしている時にクジラの親子を見ました・

通常、ホエールウォッチングは1万円くらいするけど実際小さくて見えないことも・・

でもクルーズからは割と間近に何度も見えて本当に贅沢!

5 o'clock Somewhere Bar

南国ぽいバー、昼間はいつもいっぱい!

トロピカルなカクテル飲み放題です!

Spinnaker Lounge

夜はカラオケラウンジになったりクラブになったり!

カジノ(Deck6)

賭け事に全く興味ないのでスルー。笑

写真だけのために来ました。

船内ではキャッシュは一切使いません。

事前に自分のクレジットカードと紐付けしたこのカードで全て決済します。

でもカジノ内に唯一ATMを見つけました!

クレジットカードのリミットを超えてしまった方、専用でしょうか?笑

劇場(Deck7)

私たちは忙しすぎてコメディと歌しか観れませんでしたが、毎日違うエンターテイメントが開催されています(時間は18:30と21:30)

とてもゴージャスなシアターなので、映えしますよ。笑

こんな雰囲気なかなか日本にはないので、ぜひ撮影会するといいですよ。

スパ&ヘアーサロン(Dec11)

クルーズのスパやヘアーサロンは通常より高めです。

時間があれば行きたかったです。

フィットネスセンター(Dec12)

夕食前に行ったら誰もいませんでした。

とても広いフィットネスセンターを一人で独占。

マシーンも十分にありますよ。

マシーン用に除菌ティッシュが!これは嬉しい。

ヨガ・ストレッチマットも!

バランスボールもありました。

海の上のエクササイズは特別感ありますね。

毎日、無料レッスンと有料のレッスンがあります。

ヨガなどは有料みたいです。

朝7時からのストレッチクラスは無料。

ジムのデスクにある用紙に予約します。

スポーツコート

ゴルフラウンジ

ドライバーとボールは備え付け

チェスとか

バスケットボールのコートも!

船のデッキを歩いたりジョギングしたり、いい運動になりますね。

プールデッキ(Dec12)

プールデッキには、3つのプール、6つのジャクジー、2つのバーがあります。

子供用プールもあります。

ここでもシャンパン・ワイン・ビールはフリー。飲み放題です。

しかも注文してカードを渡すと持って来てくれるので、ホント日本に帰りたくない!笑

ジャクジー

ライブラリー(Dec12)

ゲームもたくさんあります!

インターネットカフェ(Dec9)

ゲームセンター

子供が喜びそう!

フォトギャラリー

レストランで食事しているとカメラマンが写真を撮ってくれます。

プロが撮った写真は、こちらのフォトギャラリーで見ることができます。

気に入った写真があればオーダーもできますよ。

ギャラリー

絵も売られています。

お部屋の様子

私たちの部屋は9Fでした。

とにかく広い!エレベーター降りてから長い廊下を歩いて、やっとお部屋に。

最初はどっちに進んでいるのか分からなかったのですが、絨毯に描かれているお魚がヒント!

魚が向かっている方向が船の進行方向です。

ルームサービスやドリンクは下の用紙に記載してオーダーします。

メニューはお部屋の中にバインダーがありますよ。

メキシコの都市によって時差がありますので、10日間で何度も時間が変更になりました!

アナウンスもされますが、お部屋にメッセージカードが届くので必ず時計を直しましょう。

毎日のスケジュールもお部屋に届きます。

船内の行事やシアタールームの催し物、寄港地の情報など満載です。

船によりますが、ノルウェージャンスターにはコインランドリーは設置されていませんでした。

私たちは手洗いしてお部屋に干していましたが、面倒な方は1バックUSD.19.95のランドリーサービスもあります。

毎晩、タオルで作ったお手製の動物が置いてあるんです!

今日は何かな?って楽しみの1つでした。笑

 

クルーズは飲食が無料

クルーズのいいところは、食事や飲み物が全て料金に含まれていることです。

ステイタスによって飲み物やレストランの制限がありますが、無料の範囲で十分楽しめます。

船によっては飲み物代は別だったり、アルコール代が別だったりもします。

今回ノルウェージャンスター号では、UBPというステイタスでした。

カードに「UBP」と記載されています。

意味は「Ultimate Beverage Package」で、ビール・ワイン・カクテル・蒸留酒・ソフトドリンクが無料ということです。

ただし、バーやカフェのラテ類は「有料」です。

また、お部屋で飲むミネラルウォーター。

スティルウォーターとスパークリングウォーターが1本ずつ付いてました。

10日間もいるのですぐ飲み終わってしまいますよね。

最初はバーで購入していましたが、高いです。

街に降りるときにまとめ買いがおすすめです。

まとめ

クルーズはとにかく楽でいいですよね。

特にメキシコのような危険そうな場所は、陸路で行動するよりも船の方がだんぜん安全。

今回LAからメキシコの4都市を廻りましたが、自分で全て予約すると時間もお金も大変!

飛行機代・ホテル代・移動費・食事代・飲み物代など全てが含まれていて、船の上でも楽しめることはたくさんあるので、結局はクルーズの方がお得な気がします。

世界にはたくさんの豪華客船があって、カジュアルからラグジュアリーまで幅広いので、今度はヨーロッパやアジアのクルーズ旅に行ってみたいです。

旅マスターになるための旅clubをプロデュースしました!
ご興味ある方はこちらのページ

-アメリカ, 中米・南米
-

Copyright© 世界を旅するビューティーブロガー , 2018 AllRights Reserved.